2018年wordpressテーマ一挙レビュー!

薬機法を守って記事を書きたい人へ(旧薬事法)

薬機法 仕事

薬機法はそれほど難しくありません。
きちんとしたフォーマットに沿ってかけば、テンプレ化させることが可能です。

大きくわけて薬機法に引っかからないフォーマットを知る方法は3つ方法があります。

スポンサーリンク

1.現在表示されている新しめなPPC広告を参考にする

1つ目は2018年4月下旬現在、Yahooの広告審査に通っている、商品公式サイトや治療院のホームページを確認すればよいです。

大手企業の新商品のランディングページなんかがとても参考になりますね。

お金も時間もかからない方法としては一番手軽ですね。

他所のディスプレイ広告はフォトショップ詐欺っぽいことしていたり、どっかの画像を拝借したりと信憑性が皆無だったりしますんで、かならず公式サイトを確認しましょう。

2.テレビ広告をチェックする

お買い得情報などのテレビCMをチェック

テレビ素材:イラストAC

2つ目はテレビのCMで紹介されている商品のPRを参考にします。
特にサプリメントと化粧品。抵触するような言葉は全て使えませんし、イメージ図を使って説明しても過度なものは放映できません。

そして必ず
※イメージ図です と記載してあります。参考にしながら画像を作りましょう。

3.書籍、雑誌をチェックする

雑誌をチェックする猫

素材:ACphoto

テレビより厳しくはありませんが雑誌などの紙媒体の広告も参考になります。
商品を実際に使ったことがある方のレビュー記事なんかも載ってますので、アットコスメなどの情報だけでは信憑性がないなぁと感じたら参考にしましょう。

丸パクはダメです。

私自身、資料は楽天マガジン、Kindle、その他楽天BOOKやBOOKOFFで購入することが多いですね。

コストが掛かってしまいますが、コストを極力少なくしたければ女友達の購読している雑誌を借りたりお古のものを貰ったりしてもよいと思います。

パーマ屋さんの店長さんと仲良くなっておくといいです(笑)

話は逸れましたが上記3つに共通するのが、ヤバイ表記を極力使っていないことです。

治る、だとか、治療改善するなど言い切った文言は使っていません。(医薬部外品などは除く)

大人の事情で化粧品もサプリメントも製薬会社の圧力でそのような文言は使うことはできません。

声を大きくあげることはできませんが、薬機法は消費者だけでなく製薬会社を守るためでもありますから。

仕事の愚痴ではありますが治療院さんのサイトをメインで施策していると、「治療」などのワードが入ったページはすべて作り直しです。

それはもう・・・

バナーやら、文言やら全てブラッシュアップし直さなければだめほどです。
とてもめんどくさいのです。

PPC用の専用ランディングページを作ってそこから集客してくれさえすればよいのでは?と思うのですが。そうもいきませんものね。

クライアントさんによっては、サイトを作ったあとに

ん~~、やっぱSEOだけじゃなくてPPCもやりたい( ^ω^)おっ?
お見積りオナシャス

なんてことも出てきますんで、そうなった場合はガチで調整で潰れます。

1日どころか審査に通らないなんてこともザラなので、数日~2週間位見積もります。

作業工程としては…

  1. クライアントさんに審査が通らなったことを伝え、問題点を洗いざらい説明する。
  2. 再度原稿をいただく
  3. 誤字脱字などチェックする
  4. 文言修正、バナー修正後にクライアントさんにチェックしてもらう
  5. クライアントさんの許可が出たら再度出稿

審査に通るまではこれのループです。場合によってはこちらで原稿も修正する手間があるので時間がかなりかかってしまいます。

Yahooの審査を行う前に

薬機法改善させるために外部の機関へ頼るものもいいのですが、一度ダメ元でYahooの審査に出稿してみてどこがダメなのか教えていただくことが手っ取り早いです。

Yahooの審査は人の目で確認する方法と機械的に審査が通るものと2通りありますから、かなりシビアな競合キーワードの場合人の目でチェックすることが多いです。

薬事法に抵触しない弱いキーワードの場合かなり機械的ですので、場合によっては即時審査が通ってることも。

審査が通らなかった場合

人の目でチェックしてもらい審査が通らなかった場合はYahooの審査ではダメ出しのPDFを送ってくれます。
画像付きでかなり細かく指示してくれますので、制作でかなり捗ります。

一回ダメだったものは今後そのような文言は一切使わなければ問題ないということでもありますので、勢いよくやっていきましょう。

私自身サイト運営の場合、ビビらず真っ白な気持ちでやってますので、修正が入ったら都度適切な文章制作を行っています。

薬事法は悩ましい問題でもありますが、一緒にクリアーしていきましょう。
当記事が参考になりましたら幸いです。

仕事
スポンサーリンク
この記事を書いた人
広告代理店で働く主婦です。ローズヒップティーにハマってます。馬顔っぽい目付きの悪い2次元男キャラに悶える。中二病設定が好き。
ひすこ(翡翠理子)をフォローする
ひすこ道

コメント

トップへ戻る