wordpressで記事を書いてるともっと書きやすくならないかな…と思うときありますよね?

このブログを読んでくださってる方に、
私が実際に使っているプラグインや参考サイトを元にカスタマイズした部分をゴソッと紹介します。

最初にいつも使ってるプラグインたちを纏めさせていただきます。

サッと定型文を取り出せる、TinyMCE テンプレート

TinyMCE テンプレートはいつも使う文章を保存して、まるでドラえもんのポケットのようにパッと取り出すことが出来ます。

ランキングパーツがないwordpressテーマを使ったり、

上記などのボタンタグを保存したりすることで執筆作業が捗ります。

一々作るのもめんどくさいですもんね。(*^_^*)

なのでビジュアルエディターで編集するときも必ず使用しています。

TinyMCE Templatesの使い方

ビジュアルエディターでは上部に表示されるのでクリックするだけでテンプレートを挿入することが出来ます。

TinyMCE Templates

このように貼り付けられちゃいます。

ひすこ
せっかちな私には絶対使いたいと思うプラグインです…。

定型文を用意して予め再度編集したいときにはおすすめのプラグインです。

タグを即挿入!Ygkb Quick Ad Insert

楽天やA8などのASPの広告を直ぐに貼りたいときや、自分で用意したhtmlタグをビジュアルエディターから挿入したいときには、Ygkb Quick Ad Insertがとても役に立ちます。

Ygkb Quick Ad Insertの使い方

見た目編集のビジュアルエディターのみで編集してる人でも、咄嗟にタグを挿入したいときってかなりの確率であるんですよね。

HTMLタグを即座に挿入できるので、見た目を整えながら記事編集をしている方には是非おすすめです。

テキストエディタのフォントを変えて見辛さを軽減する

上記ブログサイト様を参考にさせていただきまして、游ゴシック体に指定させてもらいました。とても見やすいです。感謝しきれないくらいです。

ひすこ
function.phpを触りますので自己責任になりますが、CocoonDiverSANGOで導入してもエラーが起きなかったので大丈夫ですね。

// text-editor style
function change_editor_font(){
echo'<style type="text/css">
textarea#content.wp-editor-area {
font-family:"Yu Gothic Medium", "游ゴシック Medium", YuGothic, "游ゴシック体", "ヒラギノ角ゴ Pro W3", "メイリオ", sans-serif;
font-size:16px;
}
</style>';
}
add_action('admin_head', 'change_editor_font');

VIO - WordPress投稿画面 テキストエディタのフォントを変更したい

その他、まとめ

毎日記事を書く人なら毎日使いやすいツールを使う必要があります。

上記紹介したプラグインの他、定番のTinyMCE AdvancedAddQuicktagをはじめ、
素晴らしい国産プラグインである、WPアソシエイトポストR2Rinkerを使用しています。

Amazonリンクや楽天リンクを貼りたい人にはほぼ必須と思われる神プラグインなのでおすすめです。

プラグインを導入することで、データベースに無駄なゴミが増えたり、wordpressの表示速度低下など負荷が増えるのがデメリットですが、時間を選ぶならプラグインを増やすのも手ですね。

おすすめの記事