Amazonで販売されているWILLGOOキャリングケースをWILLGOOさんから提供していただきました。
ありがとうございます。

表面の触り心地がサラサラしていて、マット加工された蓋、本体との接続部分はマグネット方式のため、壊れる心配がほとんどないです。見た目がシックなアップルペンシルのケースなので楽しみにしていました(^^♪

それではWILLGOOキャリングケースのレビューをしていきます!

先にどんな商品なのか観ておきたい方はこちらになります♪

商品の説明

WILLGOOキャリングケースレビュー

ブランド WILLGOO
商品の重さ 132g
全長 横202mm×縦44.2mm×縦25mm
電池 リチウムイオン
バッテリー容量 1700mAh

ザックリと、WILLGOOキャリングケースはこんな人におすすめ

  1. Apple Pencilの置き場所に困っている人!
  2. Apple Pencilのかっこいい専用ケースが欲しい!
  3. Apple Pencilのケースもいいけど充電もできたら良いなぁ…

Apple Pencilに絞って一つずつ詳しく書いていきます。後半は使い方について説明していきます。

Apple Pencilの置き場所が困る!すぐ無くす人へ

Apple Pencilってすぐどっかに行くんですよ。これは私がADHDだからだとか、そんなツッコミも来そうですが、白い上に滑り止めがないのでコロコロ転がって気づいたら床の下にあった…なんてことも。

ApplePencilどっかいく

そんなことは、絶対にない!とは言わせたくないですが、私はかなりの確率でどこかに行きます。ガチです。

私のように片付けるのがめんどくさい&いつの間にか物がワープしてると思っている人だけでなく、Apple Pencilの置き場所を固定できたら良いなぁと思っている人にはWILLGOOキャリングケースはおすすめできます。

waideshu002

ひすこ
最近はApple Pencilの変換アダプターを無くしてしまい、Amazonで互換品を購入しました。

Apple Pencilのかっこいい専用ケースが欲しい!

Apple Pencilの専用のケースって響きが良いですよね。それにApple Pencilの専用ケースがあればカバンの中身もゴチャゴチャになりません。

WILLGOOキャリングケース

お出かけ先にiPadとApple Pencilを持ち運ぶ際に、かなりゴチャゴチャとした状態になっていたんです。
ですが、WILLGOOキャリングケースの中にApple Pencilをカバンの中に入れてお出かけすれば、外出先でもパッと手軽にiPadとApple Pencilを取り出せます。

WILLGOOキャリングケースを使う前は、ちょっと長めの筆箱の中にApple Pencilを入れていたのですが、他に持っていくものがないときは無駄なスペースになっていたので…ApplePencilを裸の状態で持っていっていました
ApplePencilを裸の状態で持っていくと、ApplePencilを持っている方にはわかると思うんですが、意外と長さがあるのでカバンの小ポケットスペースには入らないんですよね。

なのでカフェでお絵かきするときや、仕事場で無駄に鞄の中をガサゴソしなくても済むのは嬉しいポイントです。

Apple Pencilのケースもいいけど充電もできたら良いなぁ…

WILLGOOキャリングケースはApple Pencilのケース+充電ができるシロモノ。
自分のいつも使っている充電器を持ち運んでいればApple Pencilだけでなく、iPhoneやiPadも楽に充電できます。

ケーブルが同梱されていないのがちょっと残念ですが、自分のいつも使っている高速充電用のケーブルで十分な速度で充電ができますので、アップルペンシルの充電は満タンだけどiPhoneの電池が切れそう…だとかiPad proを充電したい…ときに威力を発揮します。

iPhoneの場合、高速充電機能が付いていないノーマルな充電ケーブルですと、30分~50分くらい掛かります。iPad pro12.9インチの場合満充電はできませんが、必要最低限の充電はできるようになっています。

WILLGOOキャリングケースの使い方・レビュー

WILLGOOキャリングケースが到着したときの写真になります。きちんとアマゾンから配達されており、ご依頼を受けた翌日には届きました。

WILLGOOキャリングケースレビュー

箱の中身はシンプルな梱包かつきちんとした包装になっています。

WILLGOOキャリングケースの説明書は英語と中国語で書かれているためわからない部分もありましたが、Amazonの公式サイトに詳細が載っているので特に困りませんでした。

WILLGOOキャリングケースレビュー

クリック or タップで拡大します

文字がかなり細かいので大きめの写真をアップロードしました。細部までみたい方、スマートフォンやパソコンで観ている方はクリック or タップで拡大しますのでお手数おかけしますが、宜しくお願いします。

続いて、本体ケースの説明になります。

WILLGOOキャリングケースレビュー

クリック or タップで拡大します

ケースの内に含まれていたのはmicro USB 充電用ケーブルのみ。

キャップ入れは充電中に利用すると紛失防止対策も取れます。

これはネットで調べてみたのですが、前まではLightning ケーブルも付属されており、micro USB充電用ケーブルと同じ長さで1つずつ梱包されていたそうです。

ですが、Lightningケーブルが上手く認識されなかったことで、撤廃したそうです。なので現在はmicroUSBのみです。

waideshu001

ひすこ
ApplePencilのキットなのに不思議だなぁと思っていたので実際に調べ、WILLGOOさんにお問い合わせして返答をいただきましたので確実です。

ケースに入れてiPad pro12.9インチと比較してみました。

iPadとApplePencilとWILLGOOキャリングケース

大きさを比較してみるとiPad pro12.9インチの横幅と同じくらいですね。

自分の予想通りのスマートな収納になったので嬉しいです(^^♪

では、実際に充電してみますね。
ちょうどApplePencilの充電残量が0%になっていたので自分のよく使っている充電ケーブルを使ってApplePencilを充電開始しました。

WILLGOOキャリングケースレビュー

専用の充電ケーブルとか必要で買ってこないといけないのかなぁと思ったんですが、自前の長めのケーブルでも充電が可能です。

waideshu001

ひすこ
ApplePencilの付属の変換アダプターを準備する必要があります。

充電中は青色のランプが点灯し始め、ピカピカとゆっくり光りますよ。

WILLGOOキャリングケースのデメリット

Amazonのレビューを見ても書いてあったのですが、個人的な視点でみても充電ケーブルが側面に付いてたらカバンの中に入れてもごちゃっとしなかったかなぁと思います。

WILLGOOキャリングケースの充電

iPhoneを充電する際にも側面に充電穴があればビジネス用のカバンから充電ケーブルをヒョコッと顔を覗かせながら充電ができるのですが。縦に挿してカバンの中に入れて充電を行うと収納していた変換アダプターなどが落ちてしまいます。そこが残念でした。

まとめ

iPad proでお絵描き

WILLGOOキャリングケースのレビューは以上になります。
ApplePencilを利用している方でカッコいいケースを探している、ケース媒体で充電もできるものをお探しならWILLGOOキャリングケースを是非検討してみてください。

私はカフェでお絵描きしながらゆっくりしたいときのお供として利用させていただきます。

おすすめの記事