[毎日猛暑で、断熱材がはいっていない築60年のこの家では中々エアコンで対処していても、猫が伸びまくっています。
この顔がなんとも言えないんですが、肉球を外側に向けているので暑いんでしょうね…。
不規則に寝ている私が寝ようとすると、
にゃーーと鳴いたり、
乗っかってきたりしますが(笑)

しろたんの猫っぽいまったり写真

乗っかってくるしろたん
 
最近は乗っかってくるより、足元でじっとしていることが増えた気がします。
 

しろたんの寝そべり写真

しろたん-©ひすこ

しろたんの寝そべり写真

しろたん-©ひすこ

しろたんの寝そべり写真

しろたん-©ひすこ

 
最近は祖母が外へ出たタイミングで脱走をするといった日常茶飯事の事例の後には、必ず帰ってくるんですが、なんと熱中症気味に。
 
口周りに濡れたティッシュを少し当てて休ませていました。
 
数十分で元気になってくれましたが、サマーカットとかもしてあげないとまずいのかなぁと思うようになりました。
元々箱入りせがれなので気をつけているのですが、私が寝ている間や仕事をしている間は部屋の中を全部チェックできないので、準備ができたらペットOKのマンションか、少し都心部から離れたところへ引越したいなと思います。
まりもは家族の猫なので、私はしろたんしか連れてはいけないと思うのですが……。。。連れていきたいなぁと思っています。

猫の熱中症対策について

猫も熱中症対策になります。
今回外へ脱走して運良く戻ってきて部屋で涼んでくれましたが、猫が熱中症になったりした場合は、身体を冷やしてあげてくださいね。
冷やす方法はなんでもいいのですが、症状が酷い場合は応急処置として
冷えた水タオルで包んで、水風呂に付けて様子を見てください。
 
飲水もなるべくキンキンに冷えたものを用意してあげて、いつでもそばで水が飲めるようにしてあげてくださいね。
 
それでも症状が和らぐことがなければ、病院へGOしましょう。
 
特に、老齢の猫ちゃんだと、熱中症に掛かりやすくなっていますので、熱中症になってしまった場合参考にしてくださると幸いです。m(_ _)m
 
ここまで読んでくれて有難うございます…!
 
では、また次の記事でお会いしましょう(*^^*)

おすすめの記事