さくらインターネットさんが無料SSL化(Let's Encrypt)対応したということで早速趣味サイトのワードプレスをSSL化しました。

さくらインターネットのSSL化

さくらインターネットのSSL化

https://r.sexy17.net/dobustu/

こちらの趣味サイトです。Sexy&17というサークルを主催しております。(*^^*)
来月の11月23日(木曜日祝日)に合同誌を発行しますので良かったら、ビッグサイトへ来てくださいね☆(宣伝)

さくらインターネットはコチラ


趣味サイト(主に同人サイト)で8年以上使わせていただいております。

さくらインターネットの無料SSL化手順

SSL化の手順ですが、以下のサイトを参考にさせて頂きました。本当に感謝しています!

https://pinonon.com/sakura-https/

先ず、さくらインターネットのコントロールパネルへ行きます。

さくらインターネットコントロールパネル

※スタンダードプランの画面です。

さくらインターネットのコントロール画面、ドメインSSL設定

ドメインの設定から、ドメイン/SSL設定をクリックします。

さくらインターネットのコントロール画面 ドメインの設定画面

r.sexy17.netは設定済なので、今回はメインドメインの登録をします。

SSL化する独自ドメインを選択して、【登録】をクリックしてください。

さくらインターネットのコントロール画面 ドメインの設定 SSL化の手順

無料SSLを取得するために、無料SSLの設定へ進むをクリックしてください。

さくらインターネットのコントロール画面 無料SSL化させるための手順

無料SSL化に当たって、Let's Encryptの利用ポリシーを必ず読んでから同意した上で
無料SSLを設定するをクリックしてください。

さくらインターネットのコントロール画面 無料SSL化申請完了

設定完了しました。反映されるまで1時間位置きましょう。

ここまでがさくらインターネットでの無料SSL化の手順になります。

ワードプレスの設定で詰んだ話

楽をしたかったので、Search Regexでhttp⇢httpsに変更し、
Really Simple SSLというプラグインを使ってSSL化しました。

それで管理ページ、トップページ以外が真っ白に。

ページが真っ白

ひすこ
ひすこ

え…?なんで?

今までサイトをSSL化しまくってきて初めての出来事だったので、口が開いたまま。

ワードプレスの設定で詰んだというのは、さくらインターネットでのSSL化は少し特殊だったんですね。

これに気づくまで10分以上悶々としていました…(;´Д`)

.htaccessをいじるのは想定内だったんですが。なんと、wp-config.phpを弄らないといけないんですね。

https://pinonon.com/sakura-https/

https://qiita.com/tabimoba/items/64ef60412abe7ad6f0ac

コード引用させて頂いてます。hogehoge.netを設定するご自分のドメインに変えてください。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP:X-Sakura-Forwarded-For} ^$
RewriteRule ^(.*)$ https://hogehoge.net/$1 [R=301,L]
</IfModule>

TeraPadなどでwp-config.phpを開き、

<?php
/**
 * WordPress の基本設定
 *
 * このファイルは、インストール時に wp-config.php 作成ウィザードが利用します。
 * ウィザードを介さずにこのファイルを "wp-config.php" という名前でコピーして
 * 直接編集して値を入力してもかまいません。
 *
 * このファイルは、以下の設定を含みます。
 *
 * * MySQL 設定
 * * 秘密鍵
 * * データベーステーブル接頭辞
 * * ABSPATH
 *
 * @link http://wpdocs.sourceforge.jp/wp-config.php_%E3%81%AE%E7%B7%A8%E9%9B%86
 *
 * @package WordPress
 */

// 注意: 
// Windows の "メモ帳" でこのファイルを編集しないでください !
// 問題なく使えるテキストエディタ
// (http://wpdocs.sourceforge.jp/Codex:%E8%AB%87%E8%A9%B1%E5%AE%A4 参照)
// を使用し、必ず UTF-8 の BOM なし (UTF-8N) で保存してください。

// ** MySQL 設定 - この情報はホスティング先から入手してください。 ** //

約27行目の直後に改行し、以下のコードをコピペしてください。

if( isset($_SERVER['HTTP_X_SAKURA_FORWARDED_FOR']) ) {
 $_SERVER['HTTPS'] = 'on';
 $_ENV['HTTPS'] = 'on';
 $_SERVER['HTTP_HOST'] = 'hogehoge.net';
 $_SERVER['SERVER_NAME'] = 'hogehoge.net';
 $_ENV['HTTP_HOST'] = 'hogehoge.net';
 $_ENV['SERVER_NAME'] = 'hogehoge.net';
}

バックアップを取ってから必ず実行しましょう。

コードを設置できたら、上書き保存掛けます。

わたしはこの方法を施した後無事、SSL化ができました。

まとめ

おさらい:SSL化の手順

  • .htaccess
  • wp-config.php

以上2つのファイルを編集する。

 

ひすこ
ひすこ

さくらインターネットさんは他所と比べると少し特殊だったりするので、注意が必要です。

雑記:過去に検索避けしなきゃならないような怖いジャンルで絵を描いていたことがあったので、怒られたことがあるんですね。ジャンルの主的なヒトですね。(はるか昔です)

そこでさくらインターネットで.htaccessで検索避けしたり、画像や内部リンクをロボットが完全にインディックスされないようなことを仕掛ける必要性が合ったんです。

既にインディックスされているものをアクセスしても、エラーを吐くように指定するんです。そうすると、立派な内輪サイトの出来上がり。

オールアバウトさんなどのネタ帳サイトで拾ってきたソースをそのまま貼り付けても、さくらインターネットでは動かないことはよく有ったんですよ。今は色んなソースが落ちていますし、アフィリエイターさんのブログをホイホイ見つけてくれば良い記事に巡り会えたりもするので。

今じゃインディックスされてなんぼの仕事してるんで、もうそんなめんどくさいことはしないですけどね。(笑)

ここまで読んでくださってありがとうございます。

大手の2次元アダルトゲームソフト会社も愛用しているサーバーです。

サポート対応はとても親切で電話対応可能。さくらのブログも便利に使わせてもらってます(*^^*)

おすすめの記事