『あんたは良いよね。漫画描いてれば幸せなんだから』

学生時代は良く言われる言葉でした。
しかし、こう言われて腹が立ったことは一度もないです。

 

漫画を描いて読んでもらう。
もしくは読んでいただく。

 

漫画を描くことは歯を磨くくらい当たり前なのです。

 

幼い時から意味のよくわからない漫画を描いていた私ですが、周りで絵を描いてる友達が少なかったので、皮肉をよく言われます。

 

ただ、
漫画って描くのがとても大変です。

労力もそうですが兎に角頭を使います。

 

…意味のわからないものを描いてる分には楽ですよ?

ただ、描いた内容を人にメッセージを伝えられるのはほんの僅か。
100%愛を込めて書いたラブレターが3%も伝わらないくらい切ないです。

これからのひすこもラブレターを書くつもりで漫画を描いていきますよ。

そう。あることをしてからです。

具合がよく気分のいいときにしか描かない

具合が悪いときに漫画は描かない

私の中での創作の鉄則です。
具合が良くないときに描く作品は見るに耐えないです。

他者さんの作品は何もコメントしませんが、
自分の作品は体調がすぐれないときに仕上げてしまうと良くないものが出来ると思っています。

気分が乗らないときくらいなら別に良いのですが、具合悪くなってから話を考えたり、キャラを描いたりしても全く別物が産まれます。

逆にメンタルがヘラってるときにしか描けないものもありますが(笑)

悪化して風邪こじらせて過去に入院してしまったことがあるのでこればかりは避けなければなりません。

何事もほどほどが大切。

読む相手は誰なのかペルソナを確定させる

読み手を掴む

 

読む相手は一般人。

漫画には興味ない。

でもとある事に悩める女子。

ペルソナを確定させる事によってターゲットが明確化されますよね。

たった1人に向けて愛を込めたラブレターを書きます。
こちら側の一方通行な愛ではなく、悩みを解消する物語を届けます。

漫画のことが興味なくても、悩んでいることが自分の目の前に映っていたら観たくないわけがない。(ピエロ恐怖症などトラウマでなければ)

 ペルソナがバラバラだと誰に読んでもらいたいのか明確ではないのでタダの退屈な漫画になります。

漫画家の荒木飛呂彦先生もご自身の漫画術の作中で仰ってましたが
漫画は『絵+文章の最強コラボ』です。

ひすこは悩んでる人に最強コンテンツを使ってお届けします。

クオリティは低めで1日で描けるレベルに

ひすこ

線数の多い作画は時間がかかるので、最近私はワザとクオリティを落として仕上げるコツを掴みました。

waideshu001

ひすこ
こちらのアイコンの画像くらいで十分だと他のアフィリエイターさんに言われました。

好きな作家さんはみんな線数がかなり多くクオリティが高めなのですが、私が勝負するのはそこではないという事です。

元々絵が上手いわけではないのですが、並くらいには描けますので拘りを捨てる事で『そこそこの絵柄で漫画を描く』悩みが解消されます。

しかしながらプライドは捨てるほどあるので、全ての頑固な汚れを落とす魔法の薬を誰かくださいませ。

タダで読ませる

私の目的はタダで読ませる事。

娯楽だからこそ読んでみようと思える作品作りを心がけています。

読んでもらえたら嬉しいですが、私の最終目標は別にあるため、読んでいただかなくてはなりません。

タダで読めるけど漫画はボランティアじゃない

描くことによって私に利益になってもらうために描いています。利益が全てではありませんが、私にとって漫画は「財産」です。
私の作品は世のためにあるのだから。

…ボランティアの方々には大変申し訳ないのですが、私にはボランティア精神がありません。

ただ、困っている人を助けることがボランティアなのか?否か、と言われたら、私は違うと答えます。

当然のことですから。

目の前に死にそうな人がいたら救急車呼ぶのと同じくらいの必然性です。

人を助ける事に対して労働として、かつ捉え1円ももらえずゴミ拾いをさせられることは嫌いです。

過去に良いように丸め込まれてタダで労働をしていたことがありますが、周りに言われてそれはおかしいことだと気づいたからです。

すみませんが募金をします。

レビュー商品は必ず買ってから

レビュー漫画でステマをすることもできますが、買ってない商品は正直何も印象がないです。

悲しいくらいに描けない。

使ってもいない商品に対して何も思いを感じられないんですね。

なので、レビューするなら商品を買う。

買って効果もなくダメなら漫画は描かない。
こんな感じでレビュー漫画は描いています。

お金はかかりますけど、仕方のないことです。その分きっちりレポートができますし、商品を作った会社のためになるのですから、良いことなんです。

まとめ

これからの私は悩める人にアプローチしていく漫画を描き続けます。

たまに趣味の漫画を描く事によって息抜きになりますが、息を抜きすぎると次の日ガス欠になって丸一日ダメ人間と化するので。

それと、ボランティア精神で漫画は描かない理由を載せましたが、これが私です。気分を害した方はすみません。

初期の段階はギブアンドギブでも良いですが
必ず私にテイクがくるために描いています。

価値のあるものを提供することで、私の作品作りに拍車がかかりますからね。

それでは!

おすすめの記事