こんばんは、お久しぶりです。ひすこです。

短めの記事になります。ライティングの品質は毎度のこと、ご愛嬌ですが今回はかなり参っています。

まずこのツイートから。

12月14日に祖母の死の宣告を医者から受けました。パート勤めから帰ってきて、祖母の介護のお手伝いという流れをしばらくしていましたから、部屋に入った途端、お医者さんの表情をみて凍りついていました。

酷い虚無感に襲われて泣きまくっていました。化粧なんか全部剥がれるくらい、どうしょうもないくらい不細工を晒すことに(^_^;)

人の死への対面はこの歳ですから幾度となく味わってきましたが、【早くて明日死ぬかもしれない】なんて言われたのは初めてで、受け入れられなかったのが大きいですね。

籍を入れる前から一緒に暮らしてきて、長くお話をすることもあったため、目の前にいる家族が死ぬなんてあまり考えたくなかったんです。

3日以内には亡くなるとのことでしたが、亡くなったのは27日です。

思い返してみてもとても頑張っていたなぁと…。

年齢は載せませんが、90を超えていました。

90と言う数字を見ても結構お年を召していらっしゃるので、いつ亡くなってもおかしくなく家族も数年前から準備をしていました。

亡くなる2日前は肺に水が溜まりだして苦しんでいたので、酸素マスクをつけてあげたのを覚えてます。
ご本人はとても嫌がっていましたが、

「このマスクを付けてくれないと、家族みんながおばあちゃんの心配をするから、付けてほしいんだけど、ダメかな?」

と交渉してみたら、首を頷けてくれました。寂しいけどやっとの思いで身につけた交渉術が実際に役立ちました。

おばあちゃんは無意味に心配されたり、誰かに迷惑をかけたりするのだけは嫌う性格でしたから

付けるのが下手でゴム紐をぺちぺちしてしまってごめんね;;と思いつつホッとしました。

痛みを取り除くモルヒネは使っていません。理由は年齢による老衰もありますが、ガン(治療後、4回目の転移)を患っていたこともあり、使うことはできませんでした。

家族で何処かへ行くとかはしたことがないので目立った思い出はないのですが、買い物に行った時や墓参り行った時にちょくちょく話をしていたことを思い出します。あとは「痩せなさい」と文句をしょっちゅう言われていたことですかね(笑)

カップ麺が大好きで、お酒も大好きで、電気をつけたまま寝る。(部屋がかなり離れているため電気をつけたまま寝るのは介護中に気づきました。)
そんな可愛らしい家族です。

無事天国へ旅立って、49日には愛するお爺ちゃんの元へきっとたどり着けてるんじゃないかなって思っています。

仏教のことや喪になるのもはじめてで一般常識を心得ておらず、手探りですが(^_^;)

2017年は、家族と過ごす時間を増やすためにもっともっと頑張らねばなと心に決めた年ですが、
通夜と葬儀で年末は終えます。喪なので、ブログでは新年のご挨拶は控えさせて頂きますね。

皆様、よいお年を!
来年も、ひすこ道共々よろしくお願いします。

おすすめの記事